近畿大法医学教授を懲戒解雇 架空領収書で経費詐取

近畿大医学部法医学教室の男性主任教授(66)が、大学から経費を不正受給していたとされる問題で、近大は31日、この教授を懲戒解雇したと発表した。30日付。
近大によると、教授は医療用品の納入業者の元社員と共謀し、架空の領収書を偽造。立て替え払いを装って大学から35件、計約1780万円(2019年4月~20年12月)を詐取したほか、家族に使わせていた携帯電話3台分の通話料など計約90万円(17年6月~21年1月)を大学に負担させていたという。
近大は25日の記者会見で、少なくとも17~20年度の請求書や領収書のうち75件、計約3200万円で不正が疑われると発表していた。今後も調査を続け、大阪府警への刑事告訴を検討している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする