同性婚訴訟、原告が控訴=札幌

同性婚が認められないのは婚姻の自由などを保障する憲法に違反するとして、北海道の同性カップル3組が国に1人100万円の損害賠償を求めた訴訟で、原告側は31日、請求を棄却した札幌地裁判決を不服として札幌高裁に控訴した。
17日の札幌地裁判決は、同性婚を認めず法的効果が受けられないことについて、「法の下の平等」を定めた憲法14条に違反すると判断。一方で、国が違憲状態を直ちに認識するのは容易でなかったとして、賠償請求は棄却した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする