橋下徹氏、吉村知事の「マンボウ」適用要請に私見「政治は、これまで時短要請を乱発し過ぎ」

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が31日までに自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染再拡大が危惧されている大阪府の吉村洋文知事(45)が緊急事態宣言に至る前に強い対策ができる蔓延(まんえん)防止等重点措置の適用を求める考えを表明したことについて、コメントした。
この日、今回の吉村知事の動きを報じた記事を貼り付けた橋下氏。
「マンボウを発出するだけでは意味がない。緊急事態宣言の二の舞になる。マンボウでどんな義務を課すかが重要」と指摘した上で「ただし安易な時短要請に行く前に、その他の対策の義務化に挑戦して欲しい。時短要請以外の飛沫感染防止策。時短要請・休業要請は最後の最後の手段。政治は、これまで時短要請を乱発し過ぎ」と続けていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする