宮根誠司氏、大阪の感染者500人台後半予想に「緊急事態宣言を出さなきゃいけないという数字」

31日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・午後1時55分)では、大阪府のこの日の新型コロナウイルス新規感染者が650人を超える見通しとなったことを速報した。
宮根誠司キャスター(57)は「500人を超えるのがおよそ2か月ぶり。1月23日が525人、昨日が432人だったんですが…」とコメント。
コメンテーターで出演のふじみの救急病院・鹿野晃院長は宮根氏に「1都3県よりも一足早く緊急事態宣言が解除された大阪なんですが、時短も大阪市のみということで増えてくるのはしようがないと言うことなんですか?」と聞かれ、「2週間後の東京、首都圏の姿かも知れないですよね。人の動きが増えれば、ついついマスクを外した会話など感染が起こりやすい状況が増えてきますので、感染者数は増えていく。抜本的な川上での感染を抑える対策が必要となります」と答えた。
同番組では吉村洋文知事(45)の会見も緊急中継。「若い人たち中心の会食、接触の機会が増えているので、しばらく感染者数は増えると思います。(今後)650人は優に超えてくるのでは」と話した吉村知事に宮根氏は「650人と言ったら、緊急事態宣言出さなきゃいけない数字まで行くのではないか」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする