敗訴の住民も控訴=東海第2差し止め訴訟

日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の周辺住民ら224人が運転差し止めを求めた訴訟で、訴えを退けられた住民のうち120人が31日、水戸地裁判決を不服として東京高裁に控訴した。
同地裁は18日、避難計画に不備があるとして、同原発から30キロ圏内に住む79人の訴えを認め、差し止めを命じた。一方、同圏外の住民については請求を棄却していた。日本原電は既に控訴している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする