伊勢奥津駅~名張駅 直行バス廃止 JR名松線の夢継ぐ路線 4月から乗り継ぎ必須に

名松線を「補完」するバス路線が廃止となります。
伊勢奥津駅~名張駅 直行バス廃止 JR名松線の夢継ぐ路線 4月…の画像はこちら >>名松線の終着駅、伊勢奥津駅(乗りものニュース編集部撮影)。
三重県にある近鉄大阪線の名張駅と、JR名松線の終着駅・伊勢奥津駅とを結ぶ三重交通のバス路線が、2021年3月31日(水)いっぱいで運行を終了します。
名張駅~伊勢奥津駅を結ぶバス路線は、伊勢奥津駅を朝7時11分、名張駅を17時35分に出発します。後者は伊勢奥津駅発の名松線の最終列車に接続しており、「盲腸線へのワープ」としても使われていました。
今後この区間は、途中の敷津バス停を境に、運転系統が分かれます。伊勢奥津駅側は津市コミュニティバスの運行となり、伊勢奥津駅~敷津間は月水金のみ運行の伊勢奥津駅の早朝便、敷津18時48分発の各1便のみとなりますが、観光シーズンには日中も臨時便が運行され、敷津で三重交通の名張行きのバスに接続が可能となります。
名松線は当初、名張駅と松阪駅を結ぶ計画で建設が進められましたが、1935(昭和10)年に松阪から伊勢奥津まで開通したあと、建設は中断しています。名松線の路線名は、名張と松阪のそれぞれ頭文字から取られています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする