「躊躇すべきではない。迷ったら適用を」日本医師会会長、大阪府の“まん防”要請に

日本医師会の中川俊男会長は31日の定例会見で、大阪府が新型コロナウイルスの感染者の急増を受けて、「まん延防止等重点措置」(まん防)の適用を要請する方針を固めたことについて「適用することに躊躇(ちゅうちょ)すべきではない。迷ったら適用すべきだ」との見方を示した。
中川氏は同措置の適用のタイミングや地域について「感染拡大がみられる地域に対して早め早めの手を打つことだ。まずは早い時点で、まん延防止等重点措置を適用するべきだ。そして解除は遅めに慎重にというのがあるべき姿だ」と述べた。
大阪府が“まん防”を政府に要請し、適用された場合は、府知事の判断により特定の地域などで営業時間短縮の要請や命令などが可能となる。吉村洋文知事は31日の定例記者会見で、夕方にも同措置の適用を国へ要請する方針を決定するとし、適用された場合、大阪市内の時短要請を午後8時までとする考えを明らかにした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする