転職先の条件で妥協したこと 3位「勤務地」、2位「就業時間」、1位は……

転職をしたものの、新しい職場に失望してまた転職……。理想の職場が見つからず、妥協して決めた……。という人も多いのでは。転職経験がある男女に、転職先の条件で妥協したことを聞いたところ「給与・報酬額」(173人)と答えた人が最も多いことが、求人情報サイトなどを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)の調査で分かった。

「給与・報酬額」と答えた人からは、「月収25万円を望んでいましたが、19万円の手取りで妥協」(男性、29歳で転職)、「中途採用だったが、給与や新卒と同じところからスタートだった」(男性、36歳で転職)といった声があった。

2位は「就業時間・曜日」(79人)、以下「勤務地・通勤時間」(72人)、「業種・仕事内容」(34人)、「雇用形態」(21人)と続いた。

「就業時間・曜日」と答えた人からは「土日休みがよかったが、火曜と水曜休み」(男性、23歳で転職)、「フルタイムで働きたかったが、時短で妥協した」(女性、35歳で転職)などの意見があった。

希望に合わない条件で妥協した理由を尋ねたところ「他の希望条件を優先した」(221人)がトップ。回答者からは「通勤の条件以外は理想に近かったため妥協しました」(女性、22歳で転職)、「業務を問わず、その会社で働きたかったためです」(男性、31歳で転職)、「なるべく給与は下げたくなかったのですが、それよりも働きやすさを重視しました」(女性、41歳で転職)などの声があった。

2位は「早く転職したかった」(51人)がランクイン。以下「妥協しないと転職できなさそうだった」(38人)、「他に求人・転職先がなかった」(26人)、「許容範囲だった」(14人)と続いた。

一方、「転職先に満足していますか?」と尋ねたところ、全体で75.4%が「とても満足」「まあ満足」と回答。転職にあたって妥協した点がある人でも、71.0%が「とても満足」「まあ満足」と答えた。

インターネットを使った調査で、転職経験がある男女500人が回答した。調査期間は2月26~27日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする