ジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナワクチンで副作用 全身に重症型薬疹

(Inside Creative House/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)米国・バージニア州で、このほどジョンソン・エンド・ジョンソン社の新型コロナウイルス・ワクチンを接種した70代の男性が、重度のアレルギー反応を示した。地元メディアの『WRIC』『WAVY』ほか『NEW YORK POST』なども報じ、話題は全米に拡散している。
■皮膚に重度のアレルギー反応1回の接種で効果を得られ、保温条件も一般的な医療用冷蔵庫で対応できるとして、世界の注目が集まっているジョンソン・エンド・ジョンソン社の新型コロナウイルスワクチン。弱毒性のウイルスをベクター(運び屋)に、抗原遺伝子を体内に投与して免疫をつけさせようというウイルスベクターワクチンだ。しかしバージニア州では、接種後の男性の皮膚に深刻なアレルギー反応のひとつである重症型薬疹が出現し、5日間の入院を余儀なくされた。
関連記事:新型コロナワクチン「肥満者に効果薄く追加接種の検討も」 伊・研究チームが発表■接種4日後に異変男性はバージニア州グーチランド郡在住のリチャード・テレルさん(74)。接種した3月6日には脇の下に不快な感覚を覚えた程度だったが、数日後には体のあちこちにかゆみを伴う紅色の発疹が現れ、面積は徐々に広がった。発疹は真っ赤に腫れ、チクチクとした痛みや灼熱感を伴うように。しばらくすると、うろこが剥がれるように渇いた皮膚がボロボロと落ち始めたという。

■様々な検査を経て…これは普通ではないと感じ、テレルさんは19日にバージニア・コモンウェルス大学附属病院病院に駆け込んだ。発疹の原因を調べるため、全身の健康について様々な検査が行われたという。診察にあたったフヌ・ヌタン(Fnu Nutan)博士は、「肝臓や腎臓などの疾患、新型コロナウイルスを含む各種の感染症を否定できたことから、ワクチンによる重度のアレルギー反応との診断に至った」と説明している。テレルさんの体調はいまだ万全ではないという。
■皮膚は体における最大の臓器新型コロナワクチンで、このような深刻な副作用が起きる確率は極めて低いとし、ヌタン博士は「私はやはり接種を強く奨励します」とコメントしている。しかし「皮膚は体における最大の臓器だと捉え、異変には十分に注意してほしい」とも話す。テレルさんのように広い範囲に強い炎症が生じ、剥がれるような重症型薬疹では多くの水分や電解質が失われる。さらに深刻なスティーブンス・ジョンソン症候群では、生命の危険すらある。接種後に皮膚に異変が生じたら決して放置せず、速やかに受診してほしいという。 (文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする