処分歴隠した教諭を懲戒免職=検索ツールで発覚―埼玉県教委

採用される際にうその履歴書を提出し、過去にわいせつ行為で懲戒免職とされていたことを隠したなどとして、埼玉県教育委員会は31日、同県三郷市立中学校の男性教諭(47)を懲戒免職とした。処分歴の検索期間が40年に延長された文部科学省提供の内部ツールで発覚した。
県教委によると、延長後に過去の処分歴に基づいて懲戒処分したのは全国初とみられる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする