新型コロナ感染をあえて告白した女性 「差別のない社会」への想いを直撃

22日の東京都内の新型コロナウイルス新規感染者数は178人。1日の感染者数が200人を下回るのは、去年11月24日以来だ。しかし、都の担当者は「若い人の感染が若干、増えている」と懸念を示す。そんな中、新型コロナウイルス感染をあえて告白し、闘病の様子などを積極的に発信し続ける女性がいる。しらべぇ取材班は、その女性の想いに迫った。
■昨年12月に38度の高熱札幌市在住の真琴さんは、昨年6月に前職を退職し、現在は職業訓練校に通う学生だ。新型コロナ感染をあえて告白した女性 「差別のない社会」へ…の画像はこちら >>(写真提供:真琴さん)昨年の12月7日の深夜に急激に体調が悪化し、38℃の高熱に見舞われた。翌日には熱は36℃台に下がったが、全身の倦怠感とかつて経験したことのないような下半身の痛みを感じたために、保健所に連絡し病院の紹介を受けた。8日にPCR検査を受けて、翌日に陽性の連絡が。
関連記事:コロナ感染のバンビーノ藤田、退院を報告 「症状と住んでる地域によって違いが」■後にクラスター発生を知った真琴さんは発症の3日前に、市内の屋台村の取材に出かけていた。マスクを着用していたが、後にその場所で働く従業員の間でクラスターが発生していたことを知った。

(写真提供:真琴さん)10日には療養先のホテルが決定したため、一通りの荷物を準備し、11日の午後に保健所からの迎えの車に乗り込んだ。発症4日目からは嗅覚異常と若干の呼吸障害がでたという。匂いをほとんど感じることができなくなってしまっていた。
■看護師に24時間相談可能療養中はホテル部屋内で、持ち込んだパソコンで映画鑑賞や読書をして過ごしていたという。

(写真提供:真琴さん)一日3食出される弁当は、女性はお腹いっぱいになるほどの量だったそうだ。弁当支給のときに、お茶か水、たまに野菜ジュースが支給される日も。弁当業者も毎回一緒ではなく、メニューも変わる気配りが感じられたという。

(写真提供:真琴さん)弁当を取りにいく以外のときは、基本的に部屋から外出禁止。日中は医師が常駐し、看護師には24時間相談できる体制が整っていたそうだ。■帰宅できる条件は2つ真琴さんのホテル療養期間は7日間だったが、療養を終了し自宅に帰宅できる条件は2つある。発症から10日が経過し、滞在最後の72時間で高熱や呼吸障害などの重篤な症状がないことだ。

(写真提供:真琴さん)毎日の体温測定やパルスオキシメーターでの酸素飽和度測定がなくなったときに、「やっと晴れて感染者という肩書が取れた」とホッとしたという。
■現在も嗅覚障害が世の中では、感染者差別が続いていたため、そういった偏見がなくなってくれればという想いから、積極的な情報発信に努めた。テレビ出演で現状についても訴えた。しかし、SNS上では容赦ない傷つくようなメッセージも浴びせられた。今も嗅覚障害が残っており、火災や食べ物が傷んでいる匂いを感じることができないという。真琴さんは「わたしは軽症と判定されたが、決して辛くない状態ではなかった」と話す。「ただ、周りの友人たちが温かく支えてくれたことは、大変ありがたかった」と語る。「去年コロナかかった」って言ったらネイルしてもらえないで帰された pic.twitter.com/nJTCSzkNUu 真琴¦コロナにかかったニート___札幌ホテル療養12/11-17 (@covid_neet) February 20, 2021今月20日には、いつも通っているネイルサロンで施術を断られる事態も発生。しかし、コロナ感染者への差別がない社会になるように、今後も発信を続けていく意気込みだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする