橋下徹氏、菅首相長男の接待問題に「行政へのアクセスの公平性が歪められている認識が全くない」

元大阪府知事の橋下徹氏が自身のツイッターを更新し、菅義偉首相の長男が総務省幹部接待問題について不適切な要請を否定したという報道について見解を示した。
橋下氏は、菅首相の長男が「放送業界の実情の話はあったと思うが、不適切な働き掛けはしていない」などと話したと報じるニュースを引用し、「この手の話では、政府はいつも『不正はなかった』『行政は歪められていない』と釈明する。行政へのアクセスの公平性が歪められている認識が全くない。政府高官は、要望があれば誰とでも懇親会や暑気払いをやるというのか。特定の者としかやらないというなら、それが行政が歪んでいるということ」とツイートした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする