3割が直面する孤独死の危機 回避の方法を模索する人も

(maroke/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)社会問題化する孤独死。単身者や高齢化の影響で、今後さらに増えるのではないかという指摘がある。日々の生活で孤独死の危機を感じている人はどのくらいいるのだろうか?
画像をもっと見る■孤独死の危機を感じている?しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女3,140名に調査を実施した。

結果、「孤独死の危機を感じている」と答えた人は29.9%。決して少なくない割合である。
関連記事:霜降り明星・せいやの深すぎる闇が発覚 「このままやったら壊れる」■年代別に見ると…孤独死の危機を感じていると答えた人を年代別に見ると傾向が出た。

中年女性の割合が高く40代が35.1%、50代が37.3%となっている。40代以上では男性よりも女性のほうが、孤独死の危機を感じている人が多いようだ。■危機を感じている人の話は?孤独死の危機を感じていると話すのは、40代女性のOさん。「夫と離婚し、子供もいない。それに、結婚は『もういいかな』と思っている。現状コロナ禍で出会いもないし、このまま1人で生きていくということになると、当然孤独死の危機は感じている。
幸い私には親友が2人いるので、6日連絡が取れない場合は『孤独死したと思って家に来てほしい』と言ってある。そういう繋がりがあるだけ、マシなのかもしれないですが…」
■男性も覚悟を口に50代男性のSさんも、孤独死の覚悟を口にする。「独身のままずっとここまで来てしまったので、孤独死は『するもの』として考えている。両親が亡くなり、弟がいますが疎遠なうえに家庭をもっているので自分の面倒を見てくれるとは思えない。

今後孤独死をどう回避するかを考えていきたいとは思っていますが、心筋梗塞など突然死してしまったら、誰にも気づかれないまま数日間は放置されるんだろうなと。覚悟を決めて生きるしかないですね」
深刻化する孤独死だが、民間警備会社の見守りやサービス付き住宅など、防止する取り組みも行われている。また、厚生労働省では全国の自治体が行っている孤立死(孤独死)防止対策事例を取りまとめ、都道府県などに通知し、高齢者が安心して暮らせるコミュニティー作りを推進している。 (文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする