「映画 えんとつ町のプペル」が興行収入20億円、観客動員数150万人突破 リピーター獲得の要因は?

吉本興業(東京都新宿区)は、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さん原作のアニメーション映画「映画 えんとつ町のプペル」が、興行収入20億円、観客動員数150万人を突破したと発表した。

同作は、いつも厚い煙に覆われ空を見上げることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチと、ハロウィーンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペルが星を見つける旅に出るストーリー。

2016年発売の絵本『えんとつ町のプペル』(幻冬舎)が原作で、累計発行部数は69万部を超えている(2021年2月現在)。また、映画は第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞した。

2月11日にはアプリ「HELLO! MOVIE」を使用した「西野亮廣による副音声付き上映第二弾」を開始。吉本興業によると、副音声を目的に「多くのリピーターが劇場に足を運んでいる」という。

リピーター獲得の要因は?
アニメ事情に詳しいジャーナリストの河嶌太郎さんは今後のビジネス的な展望を次のように解説する。

「西野さんの持つもともとの知名度をはじめ、吉本興業や電通などが一体となってプロモーションをかけたのが功を奏した面もあるでしょう。ただ、それだけでヒットさせられるほど甘い業界でないことも確かです。やはり肝心の内容が、社会風刺が効いている。それでいて、親子でも見に行けるポップな世界観を醸成しており、西野さんの持つ独自の作家性がふんだんに生きている作品なのが、リピーター獲得につながっている要因だと思われます」

アニメ映画では「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が興行収入374億円を記録し、アニメ業界に勢いをもたらした。「映画 えんとつ町のプペル」はどこまで追い上げを見せるのか注目が集まる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする