幼い3児を育てる母親が9歳の甥を惨殺 育児疲れに追い討ちをかけたものとは

(yamasan/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)子育て中の束の間の休息ともいえる昼寝。そのひと時を甥に邪魔された女性は、怒り心頭に発してしまった。ロシアで起きたむごたらしい事件の話題を、英国のメディア『The Sun』などが報じている。
■農機具小屋に多数の人の肉片2019年5月、ロシア・クラスノダール地方の村バゴフスカヤで、ボグダン・クリフコくんという9歳の少年が突然姿を消した。そして昨年の夏、自宅近くの農機具小屋から悪臭が漂い始めたため警察が呼ばれ、ボグダンくんのものとみられる人の肉片などを多数発見。失踪の前から不仲だったおばのオレシア・コミサロワ(28)が、最近になって犯行を認めたことから、殺人及び死体損壊、証拠隠滅などの容疑で起訴されていた。
関連記事:母親を惨殺し遺体を切断した娘 裁判で「お医者さんが元通りにしてくれる」と発言■母親を慰める役を買って出るこのほど行われた実況検分で、「ボグダンくんの遺体をバラバラに切断し、農業用の鉄瓶に詰め、砂と漂白剤を注いでから小屋に捨てた」と話したオレシア容疑者。最初に行われた嘘発見器のテストをクリアし、その後は悲しみに打ちひしがれるボグダンくんの母親ナタリア・クリフコさん(32)を、精神面で支える役を買って出ていたオレシア容疑者。裁判で有罪判決が下った場合、最高20年の懲役刑が下るのではないかとみられている。

■乳幼児がやっと昼寝したのに…オレシア容疑者は犯行当時、乳幼児3人を育てており、ボグダンくんがその家で音楽を大ボリュームで聴くことに、日々苛立ちを募らせていた。そんな中である日、幼い子供たちがやっと昼寝したところ、またしても大音量の音楽が鳴り響いてきたことから、「子供たちを起こさないで」とオレシア容疑者が注意。そこでボグダンくんと口論になり、首を絞め殺害したと供述している。
■騒音で苦情を受けたことは?しらべぇ編集部が全国10~60代の男女2,168名を対象に調査したところ、全体の16.1%が「近隣住民から騒音で苦情を言われたことがある」と回答。若い男性が、特に高い割合を示しているようだ。

育児により日常的に疲れとストレスが溜まり、腹を立てやすい状態にあったオレシア容疑者。そうした状況を察することもできず、大音量で音楽を聴いていた9歳の甥。ほかの大人たちが誰も注意しなかったというのも、嘆かわしい事実だ。 (文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする