麒麟・川島が並ぶ列に割り込む若者へ、タクシー運転手が『スカッとするひと言』

2021年2月22日に、お笑いコンビ『麒麟』の川島明さんが、Twitterを更新。
タクシー乗り場にいた際に起きた出来事を明かし、反響が上がっています。
ある日、川島さんがタクシー乗り場で列に並んでいると、見知らぬ若者が堂々と割り込みをして、タクシーに乗ろうとしました。
すると、タクシーの運転手は「きちんと並びなさい」と、若者にきっぱり告げたのです。
叱られた若者は、結局列の最後尾に並ぶことになり「ムカつくな!オラ」と、周囲に聞こえる声でブツブツと文句をいっていたのだとか。
一連の流れを見ていた川島さんは、こんな気持ちをつづりました。
「そうだよな、恥ずかしくてたまらないよな。やばい奴のフリして乗り切る作戦しかないよな」
タクシー乗り場で並んでたら若い人が堂々と割り込んできて乗ろうとした。でも運転手さんに「きちんと並びなさい」と叱られ結局列の最後尾に。「ムカつくな!オラ」などとブツブツ聞こえるように言っていたが、そうだよな。恥ずかしくてたまらないよな。やばい奴のフリして乗り切る作戦しかないよな。
実際に、マナー違反をした若者が、どう考えていたかは分かりません。
川島さんは、人々の前で叱られてしまった若者の内面を冷静に分析することで、モヤモヤとする状況をちょっとした笑いに転じたのでしょう。
投稿に対し、ネット上では「ビシッと叱る運転手さんがかっこいい」「川島さんの視点が大人で素敵」「その発想はなかった!」といった声が相次いでいます。
また「川島さんのような考え方を心がけたら、平和な気持ちで過ごせそう」といったコメントも。
ムッとしてしまいそうな時にこそ、少し視点を変えてみたら、心に余裕が生まれるかもしれませんね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする