災害時に覚えておくと便利!『蒸しパスタ』の作り方とは?

パスタをゆでる際、1人前(80~100g)であれば、1リットル程度と多めの水でゆでるのが一般的です。
しかし、節水しなければならない災害時などには、料理にも水をできるだけ使わないような工夫が必要です。
そんな中、少ない水でもパスタがゆでられると、警視庁警備部災害対策課のTwitterで紹介され話題となっています。今回は、そのレシピをもとに、蒸しパスタを作ってみました。
準備するもの:・フライパン・フタ・パスタ 100g・水 400ml
作り方:1.フライパンに半分に折ったパスタと水を入れる。
2.フタをして火をつけ、パスタのゆで時間を基準にゆでる。
3.フタを開けてパスタをほぐし、味付けをする。
4.パスタの硬さを確認し、水分量はお好みで調整。
5.お皿などに盛り付けて完成。
パスタはゆでるのに大量の水を必要としますが、災害時には少しでも水を節約したいものです。そこで、少ない水で調理できる「蒸しパスタ」という方法にチャレンジしてみました。フライパンのサイズに合わせてパスタを折って入れるのが特徴で、パスタがひたる程度の水があればOKです。 pic.twitter.com/SCD7T6JaEz
実際試したところ、少ない水の量で、しっかりとパスタがゆであがりました。
パスタも半分に折ると食べやすくなる、というメリットもあります。
ただフタをしているので、吹きこぼれには注意しましょう。
今回パスタのゆで時間でフタを開けたところ、残っている水の量が多く、少し減らすなどしてから味付けをしました。
そのあたりは、適宜調整するとよいかもしれません。
フライパン1つで作れ、洗い物も少なくてすむので、キャンプなどにもよいかもしれません。
みなさんも、ぜひ試してみてください。
[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする