橋下徹氏、橋本聖子新会長のセクハラ問題は「全く大した問題ではない。数年前の話」

元大阪府知事の橋下徹氏が22日、TBS系「グッとラック!」(月~金曜・午前8時)にリモートで生出演した。
番組では、森喜朗氏が辞任した東京五輪の組織委員会の新会長に橋本聖子氏が就任したことを特集。海外で過去のセクハラ問題が報じられていることなどを伝えた。
橋下氏はセクハラ問題について「全く大した問題ではないと思っている。数年前の話ですし、一生懸命橋本新会長も謝っているわけですから、これは取り上げるほどのことでもない」と問題ないとの見解を示した。
自民党を離党したことには「政治的中立性は、中立の意味を考えないといけない」と前置きし、「橋本新会長の今の立場でいけば、総理総裁や政府与党の大幹部ということではない。国家的プロパガンダにオリンピックを使うこともあり得ないし、国際紛争の中で何かオリンピックを使うということもあり得ないので、議員(を続けること)は問題ないと思います。ただ一つの党派に属していることは問題なので、自民党はやめるべき」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする