14歳少女が電車に飛び込み自殺 残された日記に「どうか動揺しないで」

(Sasha_Suzi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)身近な人の死、そして陰湿ないじめ。様々な出来事に揺れていた思春期の少女が、自ら命を絶ってしまうまでの経緯を、『Metro』などが伝えている。
■パーティ後の悲劇2019年3月2日のこと、英国・マンチェスターで暮らしていた14歳の少女が、あるパーティに参加した。しかしその途中で激しく落ち込み、いきなり泣き出してしまったという。「ここにはもういたくない」「自殺してしまいたい」などと話し参加者を驚かせた少女は、「ママに迎えに来てもらうから」と言い残し、その場を後にした。だが、その後に少女が向かったのは駅。少女は午後10時少し前に電車に飛び込み、短い人生を終えた。
関連記事:テレビの見過ぎを継母に叱られ動揺 思春期の少年が突然の自殺■少女が残した日記少女の死後に発見された日記には、自殺したいという少女の暗い願望が記されていた。その一方で「どうか動揺しないでほしいの」「私はもともとここにはいない人間だった。みんなには、そう思ってほしいわ」とも書いていたことから、遺される人がどんなに悲しむかを考え、心配していたようだ。■親戚の自殺やいじめも要因かこの少女は、2018年9月に親戚の自殺という悲しい出来事を経験していた。ひどく動揺し、同年12月には通りで「死んじゃいたい」と騒ぎ、病院に搬送されたこともあった。その後にカウンセリングを受けると、「実は学校でいじめを受けています」と告白。「刺す」などと脅されていたことも判明したため、加害生徒は厳しい処分を受けたという。関係者は少なくともいじめ問題は解決したと判断していたが、身近な人の死やいじめは、少女の心に大きな不安と恐怖を植えつけたようだ。

■ストレスがもたらす影響しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,589名を対象に調査した結果、全体の29.3%が「ストレスが原因で普段はしない行動をした経験がある」と回答した。

少女の家族は「あの子は人生を謳歌していたのです」と話していることから、家族の前ではストレスや不安感を隠していた可能性が高い。日本では、子供でも気軽に利用できる匿名・無料のカウンセリングサービスを、ネットで簡単に検索できる。保護者や先生からも、そういうシステムについて、ぜひ積極的に子供たちに紹介してもらいたい。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする