玉川徹氏、菅首相長男の接待疑惑に「総理大臣の息子だということがなかったのか。そこが最大のポイント」

22日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)では、総務省の幹部らが、同省が許認可にかかわる衛星放送関連会社に勤める菅義偉首相の長男から国家公務員倫理法に抵触する違法な接待を繰り返し受けていた疑いが浮上したことを報じた。
コメンテーターで出演した同局の玉川徹氏は「官僚側からすると、ものすごいハイリスクなことをやっているんですね。それがやっぱり『なぜ』ということなんです。この場に行かざるをえなかったという事情は何だと考えると、総理大臣の息子だということがなかったのかと。そこが最大のポイントでしょうね」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする