目を離してしまった祖母が悲鳴 8歳孫の首にブランコのロープが絡まり大惨事に

(JohnnyWalker61/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)楽しく遊んでいたはずの女の子が、帰らぬ人に。その原因が庭に設置してあったブランコのロープだったことを、『The Daily Star』などが伝えている。
■祖母宅で遊んでいた女児2月15日のこと、ブラジルで暮らしていた女の子(8)が、祖母宅で元気いっぱいに遊んでいた。裏庭に設置されてあるブランコはとりわけ楽しかったようで、ひとりで外に出てはしゃいでいたという。このブランコは持ち手がチェーンではなく、ロープだった。チェーンよりも柔らかいこともあり、女の子にとってはそれさえも遊び道具になっていたようだ。
関連記事:祖母を捜した女児が建物8階から転落死 エレベーターではぐれた末の悲劇■まさかの結果に衝撃ところが、しばらくして祖母が様子を見に行くと、ブランコの横で意識を失い倒れている女の子を発見。ロープが首に絡まり、窒息したようだった。祖母は愕然としながらも助けを呼び、女の子はヘリコプターで大学病院に向かうことになった。だが状態は極めて深刻で、病院到着を前に何度か心臓が止まってしまったという。そのたびに蘇生し、ようやく病院に運び込んだが、その日の晩に女の子は息を引き取ってしまった。■遺族の嘆きこの件については当局も事故とみなしており、捜査・調査は行わないという。ひどいショックを受けている女の子の父親は、メディアの取材に応じ「とても陽気で外交的なタイプでした」「体も強い子供だったのです」とコメント。また親族は女の子について「大きくなったら警官になりたいと話していました」と明かした。たった8歳で亡くなってしまった女の子の葬儀は、2月16日に執り行われた。

■目を離さずにいるのは難しいしらべぇ編集部が全国10~60代の子供がいる男女687名に調査したところ、全体の52.7%が「子供から目を離さないのは無理だと思う」と回答した。

「楽しく元気に遊んでいる」。そう思い込み目を離してしまった祖母の罪悪感と悲しみは、計り知れない。最近ではブランコを手作りできるDIYキットも販売されているが、ロープを使用するタイプも人気がある。だがこのような事故が起きてしまう可能性を考慮し、子供が遊ぶときにはできるだけ付き添ってあげたい。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする