在校生や遺族ら黙とう=12人犠牲の富山外国語専門学校―NZ地震10年

2011年2月のニュージーランド地震から10年を迎えた22日、語学研修中の学生12人が犠牲となった富山市立富山外国語専門学校で「追悼の集い」が営まれ、地震発生時刻の午前8時51分に遺族ら約100人が黙とうをささげた。
上田為久学校長は「(12人の)本校への愛着と英語習得への強い思いは、生きた証しとして確実に受け継がれ、後輩たちの心の支えになっている」と追悼の辞を述べた。在校生代表の水牧日南さん(20)は、「思いを私たちが受け継ぎ、先輩方の分まで多くのことを学んでいく」とあいさつした。
堀田めぐみさん=当時(19)=を亡くした父の和夫さん(66)は献花後、「どこにいようとつらい、悲しい」と変わらぬ思いを語り、「(クライストチャーチ市長からの)謝罪は実現したが、本当の正義という文字を胸に刻んでいきたい」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする