「忍」「忍」「忍」「忍」ニンジャがキター “忍者”の通勤路線・草津線で忍者スタンプラリー「御SHINOBI印巡りの旅」開始 御朱印帳が渋すぎ!!

「忍」「忍」「忍」「忍」ニンジャがキター! 忍者列車「SHINOBI-TRAIN」が走るJR草津線沿線で2021年2月27日から、御SHINOBI印(忍者の御朱印)がもらえるキャンペーン「草津線沿線限定 御SHINOBI印巡りの旅(滋賀県草津線複線化促進期成同盟会)」が始まります。

御SHINOBI印は、いわばJR草津線版の御朱印。キャンペーン期間中、草津線沿線の観光スポットに御SHINOBI印が用意されます。

そして6種類の御SHINOBI印を全部そろえると、豪華な檜(ひのき)製の「御SHINOBI帳」がもらえます。うわぁぁ、これ高級感たっぷりでかっこいい! 御SHINOBI印の集めがいがありそうです。

御SHINOBI印、御SHINOBI帳の配布場所は以下の通り。

・伊賀市エリア:伊賀上野城(三重県伊賀市上野丸之内106)

・栗東市エリア:栗東観光案内所(滋賀県栗東市手原三丁目1-30)

・湖南市エリア:こにゃんプラザ(滋賀県湖南市岩根678-28 十二坊の森内)

・甲賀市エリア:甲賀流リアル忍者館(滋賀県甲賀市甲南町竜法師600 忍の里プララ内)

・草津市エリア:くさつ夢本陣(滋賀県草津市草津二丁目10-21)

・日野町エリア:日野観光協会(滋賀県蒲生郡日野町村井1284番地)

配布数は御SHINOBI印が各1000部、御SHINOBI帳は300部(予定)。先着順なので入手はお早めに!

●ところで……SHINOBI-TRAINって何?

SHINOBI-TRAINは、JR草津線を中心に運行する忍者をモチーフにしたラッピング列車。忍者なだけに神出鬼没で運行予定は非公開。出会えたらラッキーな列車です。当初は2017年2月から約2年の予定で運行していましたが、地元の人たち、鉄道ファン、忍者ファンを中心に好評を得たため、運行期間を2021年6月末まで延長しました。

なぜ草津線=忍者なのか。貴生川駅から先は滋賀県甲賀市、終点の柘植駅は三重県伊賀市にあります。忍者といえば「甲賀」と「伊賀」。どちらの流派も草津線は“忍者の通勤路線”というわけです。

なお、JR草津線と貴生川駅で接続している信楽高原鐵道でも、色違いのSHINOBI-TRAINが運行しています。運が良ければ両方のSHINOBI-TRAINを見られる可能性もあります。

SHINOBI-TRAINの運行情報は非公開。実際に見て乗れるかどうかは運次第なのですが、TwitterやInstagramなどのSNSに目撃情報が投稿されることがあります。ハッシュタグ「#SHINOBITRAIN」などで検索して、ぜひ乗ってみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする