蓮舫氏、菅首相長男の違法接待疑惑で指摘「官僚の『忖度』ではないでしょうか」

立憲民主党の蓮舫参院議員(53)が22日、自身のツイッターを更新。総務省の幹部らが同省が許認可にかかわる衛星放送関連会社に勤める菅義偉首相(72)の長男から国家公務員倫理法に抵触する違法な接待を繰り返し受けていた疑惑について、コメントした。
この日、今回の疑惑について「あとからあとから。隠しすぎでしたね。菅総理の息子と総務省幹部との接待疑惑は、別人格、歪みはない、で終わらせる話ではなくなっています」と厳しく指摘した蓮舫氏。
また、この日の衆院予算委員会で、菅首相が「私の長男が関係して公務員が国家公務員倫理法違反行為をすることになったのは心からおわびする」と述べたことについて、連続ツイート。
「『長男が関係して、結果として公務員が倫理違反行為をすることについて申し訳なく、お詫びを申し上げます』と、菅総理の答弁」と首相答弁を引用すると、「この結果となる原因は、総務大臣秘書官を務め、官房長官と総理大臣の長男である菅正剛氏への官僚の『忖度』ではないでしょうか」とつづっていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする