関西将棋会館移転へ=23年に新築、高槻市に

日本将棋連盟は22日、東京都内で棋士らによる臨時総会を開き、同連盟関西本部がある関西将棋会館(大阪市福島区)を2023年をめどに大阪府高槻市内に移転する議案を賛成多数で可決した。都内の会場と関西本部をリモートで結んで開催した。
移転先はJR高槻駅前で、1981年に完成した現在の関西将棋会館は売却する。関西本部には豊島将之二冠(30)と藤井聡太二冠(18)が所属。タイトル保持者による公式戦も開かれる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする