福島第1原発の地震計が昨年故障、修理せず 13日の地震の記録取れず東電釈明

東京電力は22日、福島第1原発3号機に昨年設置した地震計2台が故障したままになっており、最大震度6強を記録した13日の地震の波形記録が取れなかったことを明らかにした。22日開かれた原子力規制委員会の検討会で報告され、東電は「故障の原因究明に時間がかかった。速やかに復旧すべきだった」と釈明した。
東電によると、2011年3月の東日本大震災で、1~4号機の地震計は水没するなどして故障。現在は5号機と6号機の地震計で揺れを測定している。
規制委は昨年3月、水素爆発で損傷した3号機建屋の耐震性評価の必要性を指摘。東電は同月、3号機の1階と5階に1台ずつ地震計を設置した。
しかし、1階の地震計が昨年7月、雨で水没して故障。同10月には5階の地震計もノイズが入るなどの不具合が起きた。
東電の担当者は22日の記者会見で「相次いで故障したため、原因を究明し対策を施してから地震計を設置しようとしていた」と釈明。「速やかに(代わりの地震計を)設置し、改良品をその後に置くというのも一つの方法だったと反省している」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする