代筆者集め「依頼していない」=団体幹部が関与否定―愛知不正署名

愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)運動をめぐる不正署名問題で、署名活動をしていた団体の事務局幹部が22日、県庁で記者会見し、署名を書き写すための人集めについて「依頼をしていない」と関与を否定した。
同問題では、広告関連会社の幹部が昨年、事務局側から依頼を受け、下請け会社を通じて佐賀市での代筆バイトを募集していた疑いが浮上。事務局幹部から発注書も受け取ったとし、愛知県警の任意聴取に経緯を説明したとされる。
事務局幹部は会見で、代筆者の募集について「依頼していない」と主張。広告関連会社への発注書も「書いていない」とした。
会見にはリコールを呼び掛けた「高須クリニック」の高須克弥院長も同席し、「私は全く不正に関与していない」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする