ワインにもハイボールにも合う! 『カブの和風カルパッチョ』のレシピをご紹介!

白くて、コロンとした形が可愛いカブ。春ものと冬ものとがあるそうですが、クセがないので、なんにでもよく合います。
今回は、そんなカブを使った『カブの和風カルパッチョ』のレシピをご紹介。
カルパッチョというと白身魚がよく知られていますが、やや高級感がありますよね。
その点、カブだったら毎日の食卓に気軽に出せますし、材料もカブとしらす干しだけで、とてもシンプルなので気軽に作れます。
キレイに盛りつけたら気分も上がりますし、カジュアルなパーティーのオードブルに加えても…。
材料:・カブ 3個・しらす干し 25g・レモン汁 小さじ1・チューブの柚子胡椒 3cm・しょうゆ 大さじ1・オリーブオイル 大さじ1・味の素 適量・塩 小さじ1/4・スナップエンドウ お好みで・ドライイタリアンパセリ 適量
作り方:1.レモン汁、柚子胡椒、しょうゆ、オリーブオイル、味の素、塩を混ぜておく。
2.カブをよく洗ってヘタを取り、皮のついたまま薄切りにする。
3.ボールに2のカブを入れて塩をまぶし、水分が出るまで軽くもみこむ。
4.カブをボールに押さえつけるようにして、水気をしぼる。
5.カブを丸めて芯を作り、その周りに少しずらしてカブを足していき、花を作る。
6.平な皿の中央に5の花を置き、その周りにカブを花びらのように盛りつける。
7.しらすを上から振る。
8.ドレッシングをまわしかける。
9.スナップエンドウを飾り、上からイタリアンパセリを振って完成。
※写真は工程4
※写真は工程6
カブと柚子が合うのはもちろん、しらす干しの塩分がカブの甘さを引き立ています。
見た目もキレイで、とても食べやすいカルパッチョですよ。
[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする