無邪気にまとわりつかれるのに拒否感を覚え… 14歳少年が姉の7歳娘を殺害

(zGel/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)小さな子供が好きな人や一緒に楽しく遊べる人がいる一方で、幼い子に甘えられるとどうして良いか分からない、小さな子供は苦手だという人もいる。トルコで起きた事件の話題を、『The Sun』『News Break』など英米のメディアが報じた。
■7歳の少女が行方不明にトルコ・ギレスン県のブランチャックでこのほど、イクラヌルちゃんという7歳の女の子が突然行方不明になった。警察および地元ボランティアの約150人が複数のグループに分かれ、警察犬、ドローン、赤外線カメラなどを伴って捜索活動を展開。その結果、少女は自宅から約7km離れたアダコイ・クリークの川から、遺体となって発見された。
関連記事:娘のネットいじめに父親が介入 加害者の兄に殺害される最悪の結果に■すぐ上の姉に協力を求める亡くなった少女が最後に一緒にいたのは、母親の弟で、自身にとっては叔父にあたる14歳の少年だった。地元警察による事情聴取を受け、少年はイクラヌルちゃんの殺害を認めた。「犯行後にすぐ上の姉に連絡したところ、遺体を川に捨てるのに協力してくれた」と供述したことから、その姉も逮捕されている。■泣き叫ぶ少女の口を手で覆うただし少年は、殺意や計画性については否定している。「腕を引っ張ったり叩いたりしてくる姪に腹が立ち、叩いたところ倒れて大声で泣き叫んだ。静かにさせようと口を手で覆っているうちに、呼吸が止まってしまった」と説明したという。現在、遺体の司法解剖が行われており、川に投げ捨てられた時点で心肺停止の状態だったか否かを、詳しく調べている。
■無邪気な幼さにも苛立ち取り調べのなかでわかってきたのは、少年が幼い姪と一緒に過ごすことを、快く思っていなかったこと。健気に、そして無邪気にまとわりついてくる様子に、苛立ちが募ってしまうことだった。最愛の娘を弟に殺され、妹も死体遺棄や証拠隠滅に加担していたという事実に、イクラヌルちゃんの母親はひどく打ちひしがれている。なお、遺族のプライバシーを重んじ、被害者のファーストネーム以外は報じられていない。 (文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする