「急にぐにゃんと痛くなった」 田中裕二、救急搬送時の様子を語る

2021年1月20日、お笑いコンビ『爆笑問題』の田中裕二さんが、くも膜下出血と脳梗塞で救急搬送されました。
その後、大事を取って1か月間、休養していた田中さん。
同年2月21日に、『爆笑問題』がMCを務める情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、元気な姿を見せました。
頭の痛みについて聞かれると、「相方である太田光のツッコミのほうが痛い時があった」と笑いを誘う場面も。
救急搬送までの状況や、頭の痛みについて明かしました。
たまに頭痛いことあるじゃないですか。
僕もたまに偏頭痛じゃないですけど、頭痛いんですけどそういう経験値とは違う種類だと分かったんですよ。言葉にすると難しいんですけど、急にぐにゃんと痛くなった。
殴られたようではなく、グインって引っ張られるように来たんですよ。
これってなんか変だな。あんまり経験した痛みじゃないなと。いろんな人の話を思い出すじゃない。それで、「痛い痛い」ってなって痛み止め飲もうかなと思ったんですけど、「これそのレベルじゃなさそうだな」と。
この辺(頭の右側)が痛くなって「どうしよう、俗にいう脳の病気とかのたまに聞くやつかな」と。
その時夜中2時なので、今から家族起こして救急車だなんだってどうかと思ったんですけど、(痛みで)寝られるわけないなと思ったんですよ。
大事を取っていったほうがいいと思って。
サンデー・ジャポン ーより引用

その後、救急車で運ばれた田中さん。
しかし、ところどころの記憶しかないといいます。
幸い、緊急手術などの処置には至らず、出血した量が少なく、脳梗塞も後遺症になるような場所ではなかったそうです。
しかし、脳梗塞の影響で、麻痺が起きた瞬間があったのだとか。
一瞬だけ、ちょっとね左の手と足が動かなくなる瞬間があった。
「動かしてください」っていわれたんだけど、ちょっとどうしたらいいの分からないみたいな時は一瞬なりました。
そのあと気が付いたら元に戻っていた。
サンデー・ジャポン ーより引用
田中さんの復帰に際し、妻でタレントの山口もえさんは番組に手紙を寄せ、山本里菜アナウンサーが代読しました。
療養中はの夫はというと、毎日ボーっとしておりました。特に何をするわけでもなくボーっとしておりました。
けれどお仕事復帰の日が決まってからは、目がキラキラしてずいぶんと明るく元気な夫に戻ったように感じました。
食欲もしっかり1日3食残さず食べております。
お医者様からも血圧を上げなければ特に日常生活に問題はないとおっしゃっていただきましたので、今後も家族みんなで見守っていきたいと思います。
サンデー・ジャポン ーより引用
ネット上では、田中さんの復帰を喜ぶ声や、体調を心配する声が寄せられています。
・元気そうで何よりです。でもちょっと痩せてるのが心配。
・もえさんからの手紙に感動しました。無理しすぎないでくださいね。
・田中さんお帰りなさい!改めて脳の病気は怖いと思いました。
同月27日に開催される『タイタンライブ』で舞台に復帰する田中さん。
再び、『爆笑問題』の漫才で多くの人を楽しませてくれるでしょう!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする