地震被害を受けた、道の駅 『貼り紙』に称賛の声が寄せられた理由は…!?

2021年2月13日の夜、宮城県と福島県を中心に、最大震度6強の地震が観測されました。
強い揺れだったことに加え、あの東日本大震災から10年の節目が間近であるため、多くの人が不安に襲われた今回の地震。
該当地域では土砂崩れや大規模な停電が発生するなど、いろいろな被害が報告されています。
福島県伊達郡にある、道の駅・国見『あつかしの郷』を訪れた、天然パーマと縮毛矯正(@kyrie0kyrie)さん。
先日の地震で被害を受けた『あつかしの郷』ですが、営業ができる程度には復旧していたため、胸をなで下ろしたといいます。
そんな中、目に入ったのは斬新すぎる商品POP。写真を撮ってTwitterに投稿したところ、多くの人から称賛の声が上がりました。
陳列されていたのは、地元で製造されたお酒の瓶。道の駅としてはありふれた光景に感じますが、POPを読んでみると…。
先週の地震で被害のあった道の駅に来たけど、ある程度復旧していたようでよかった。そして逞しかった。 pic.twitter.com/bkBzeYn6ZF
貼り紙によると、これらの勇者は地震に耐え抜いた功績を称え、セール価格ではなく定価で販売されている様子。
また、「パッケージラベルに汚れがありますが、中身は問題ありません。ぜひよろしくお願いします」という手書きのメッセージからは、従業員の熱い想いが伝わってきます!
ちなみに、この売り場ではお酒類だけでなく、地元で製造されたジュースも陳列されていたのだとか。きっとこのPOPによって、多くの勇者が客の手に渡ったことでしょう。
まさに「発想の勝利」という言葉がピッタリな販売方法に、多くの人から称賛の声が上がっています。
・これはナイスアイディア。飲んだら、げん担ぎにもなりそう。
・勇者たちをぜひ我が家に迎え入れたい!逆転の発想ですね。
・セールするのではなく、あえて定価で販売するところもいい。
プレートの問題で海外諸国と比べて地震が多く、『災害大国』と呼ばれる日本。日常生活を送っているだけで、常に災害への不安が付きまといます。
たくましく、ポジティブな発想によって販売された勇者たちは、そういった不安を軽くしてくれたのではないでしょうか。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする