「寒波に襲われた福井駅が完全に氷河期」 写真を見たら、マジだった…

本当に、令和の時代の光景なのだろうか…!
2021年2月、福井県で目撃された光景に、そんな驚きの声が寄せられています。
福井県が、寒波に見舞われた2月某日。tomosaki(@photono_gen)さんが、JR福井駅前で撮影した4枚の写真をご覧ください。
寒波に襲われた福井駅が完全に氷河期でした. pic.twitter.com/Pb5JL6qL2o
『恐竜王国』を売りにしている福井県では、JR福井駅前に恐竜のモニュメントが置かれています。
駅前の恐竜が雪をかぶる様子は、さながら氷河期。本当に令和の時代に撮影されたのかと頭が混乱してしまいそうになります…!
【ネットの声】
・現実の光景なのか、分からなかった。
・有史以前の歴史の転換期に立ち会ったような気がする。
・想像以上に氷河期で驚きました。
27万件を超える『いいね』が寄せられた、tomosakiさんの写真。
海を越え、「タイムトラベラーか何か?」といった英語のコメントも寄せられるなど、大きな反響を呼んでいます。
寒波が作り出した、奇跡の光景。在りし日の恐竜たちに思いを馳せ、歴史ロマンを感じずにはいられません…!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする