東京都、21日のコロナ新規感染者は272人 前週比では99人減に

東京都福祉保健局が発表した21日15時時点の東京都内の新型コロナウイルス新規感染者数(速報値)は、3272人となった。重傷者数は昨日と変わらず82人、65歳以上の新規感染者数は昨日から13人減って56人だった。
■日曜日としては今年最少2021年以降の日曜日のみの推移を見てみると、21日は先週比で99人減少しており、ピーク時(1,585人)の2割以下に。しかし、直近7日間の移動平均値も341.6人と前週比で89.9%。ほぼ9割と下げ止まりも顕著だ。

関連記事:菅首相、緊急事態宣言延長を明言 ワクチンは2月中旬から■30代が最多また、年代別では、30代が最も多く54人、続いて20代が53人、40代が47人と比較的若い世代が目立つ。男女別では男性130人に対して女性は142人と、女性のほうが上回っている。参考となる3日前(2月16日)のPCR検査実施件数は、7,232件と発表されている。東京都の累計感染者数は109,734人となった。
■宣言解除に懸念も今年に入ってからの最少値(266人・2月15日)に迫る少なさに、ネット上では「下がってきたようで嬉しい」と素直に喜ぶ声も。一方で、「50代以下ももう少し減ってこないと…」や、「あと2週間で緊急事態宣言が解除できるまで落ち着くかどうか」など、来月初旬に迫った緊急事態宣言期間を心配するコメントも見られた。 (文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする