車いすに乗った母とガラス越しで面会する男の子 姿を見送った後の行動に涙

2020年から流行が収まらない新型コロナウイルス感染症。さまざまな場所で感染対策が取られています。
中でも病院は厳しく、面会もままならない状態です。
きなこ(@3h4m1)さんは、病院の産婦人科で、ある家族のやり取りを目撃します。
その産婦人科では、感染対策としてガラスの自動扉を隔てて面会を行っていました。
入院中の母親に会いに来たのは、5歳ぐらいの男の子と父親とみられる男性。
車いすに乗った母親がガラス扉の前まで来て、面会をしていたのでしょう。男の子は母親が病棟の奥に入るまでずっと笑顔だったといいます。
しかし、母親の姿が見えなくなってから堪えきれず涙を流したのだとか。
きなこさんは、「偉い。よく耐えた」と男の子を称えました。
産婦人科病棟のガラスの自動扉を隔てて、病棟とエレベーターホールの2つの空間で車椅子に乗ったお母さんと、多分もう直ぐお兄ちゃんになるのだろう5歳位の男の子が父親らしき人に伴われて手を振っていて、その子はずっと笑っていたけれどお母さんが病棟の奥に入ってから泣いた。偉い、よく耐えた。
投稿を読んだ人からは「涙が出た」といった声が寄せられていました。
・もらい泣きしました。私もちょうど5歳の頃だったな…。
・お母さんに甘えたい年頃だろうけど、偉いね。いろいろな想いがつまっているんだろうな。
・涙が出ました。その男の子を抱きしめてあげたい。
お母さんの前では涙を見せなかった男の子。
きっと、赤ちゃんが生まれたら頼もしいお兄ちゃんになることでしょうね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする