橋本聖子新会長、議員辞職なら年収4000万円減

五輪相を辞職した橋本聖子氏は、国家公務員の特別職から外れたことで、年収は1000万円ほど下がる。ただ、引き続き国会議員として年間2000万円超を給与として受け取る。国会議員には毎月、文書通信交通滞在費として100万円が支給されるほか、会派を通じて月65万円の立法事務費が支払われることから、実質的な年収は約4000万円とみられる。
一方、組織委の役員報酬は月額10~200万円と定められている。会長は最高額を受け取ると考えると、橋本氏の年収は6400万円になる。ただ、議員を辞職すると組織委の役員報酬2400万円だけとなり、大幅減収となる。ほかにも、国会議員に支給される新幹線のグリーン車を含むJR全線に乗車できる無料パスや、東京と選挙区の往復航空券ももらえなくなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする