大阪のリーガロイヤル 30泊15万円からの長期滞在プラン発売

ロイヤルホテルは2月19日、リーガロイヤルホテル(大阪市)で長期滞在プランを3月から販売すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が落ち込む中、合計61室を長期滞在専用フロアとし、ビジネス客などの取り込みを図る。

長期滞在プラン「Home Hotel」では、タワーウイング14階の23室と、ウエストウイング6階の38室を長期滞在専用フロアとして提供。宿泊プランは、高層階客室専用のカフェラウンジやプール、大浴場などが利用できる「デラックスプラン」と、長期出張向けの「シンプルプラン」の2タイプを展開する。

各専用フロアには、ランドリーや電子レンジなどを自由に利用できるユーティリティールームを設置。また、専用フロアにはセキュリティシステムを導入し、安全面に配慮した。

いずれのプランでもホテルの利点を生かし、荷物やメッセージの預かり、宅配の手配など24時間対応しているフロントサービスや、週2回の客室清掃とリネン交換などに対応する。

料金はサービス料・税込で、5泊の場合3万5000円~、30泊では15万0000円~。3月1日から受付を開始し、4月1日~9月30日の宿泊予約を受け付ける。10月以降の実施は検討中だとしている。

コロナ禍でホテル業界は厳しい状況が続き、各社が新しい需要の開拓を進めている。ホテルニューオータニや帝国ホテルなども長期滞在プランを発売。また、京王プラザホテルでは2月17日に30泊21万円からのプランを発売したところ、約2時間で完売するなど注目を集めている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする