吉村洋文大阪府知事、聖火リレー中止検討の島根県知事に「共感…言っていることわかる」

大阪府の吉村洋文知事が20日、日本テレビ系「ウェークアップ!ぷらす」(土曜・午前8時)にスタジオ生出演した。
番組では、島根県の丸山達也知事が東京五輪の聖火リレーの中止検討を表明したことを報じた。
この発言に司会の辛坊治郎キャスターは「知事に聖火リレーを県内で中止する権限があるんですか?」と聞かれた吉村氏は「知事がやらないと言いきったらなかなかそのエリアでやるのは難しくなるでしょう」と述べた。
さらに今回の発言に「僕は島根の知事に共感するというか、言っていることわかるなというところもあります」とした上で「情報なんかもすべて東京目線の発信なんですけど、たぶん島根の知事の立場から見ると、ものすごく地域経済、決定的に疲弊しているんだと思うんです」と述べた。
さらに「観光であったり、お土産であったり、飲食であったり決定的に打撃を受けていて、東京からも人が来ない、全国からも人が来ないという状況の中でそういう人たちの生活が本当に苦しい中で、これをやるんですか?感染を抑える、そして社会経済と感染の両立をはかる、こういったところにもっと力を入れなきゃ、我々、地方はやっていけないよということを強烈に発信したんだと思うんです」と述べていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする