国内での新型コロナワクチン接種で副反応の疑い 首相官邸が明かした内容とは

(Ridofranz/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)首相官邸は、20日正午に「昨日、富山労災病院において新型コロナワクチンの接種が開始され、副反応の疑いのあるじんましんの発生について一報がありました」と公式ツイッターで明らかにした。
■情報の早期提供を評価する声さらに、「厚生労働省においては、引き続き副反応疑い事例の収集に努めるとともに、接種後15分以上は接種会場において様子を見るなどの安全対策の周知に努めてまいります」と投稿。厚生労働省においては、引き続き副反応疑い事例の収集に努めるとともに、接種後15分以上は接種会場において様子を見るなどの安全対策の周知に努めてまいります。 首相官邸(新型コロナワクチン情報) (@kantei_vaccine) February 20, 2021返信欄には「素早い情報共有ありがとうございます」といった情報の早期提供を評価するメッセージが多く寄せられている。
関連記事:新型コロナワクチン“副反応”などの実態とは 接種した米国在住日本人医師に聞いた■一人あたり1分程度富山県内では19日、国が医療従事者への先行接種の対象に決めた富山労災病院(魚津市)と高岡ふしき病院(高岡市)で、医師や看護師ら計120人が接種を受けた。両病院の接種対象者は計356人で、26日まで4日にわけて行うという。富山労災病院では医師や看護師ら48人が、高岡ふしき病院では、2つの診察室を使い、医師や看護師、事務職員が1人ずつ接種を受けた。医師が予診票にもとづいてアレルギーや熱の有無を確認して接種し、一人あたりの所要時間は1分程度だった。■当初の予定より増加首相官邸によると、19日午後5時時点における新型コロナワクチンの接種実績は、実施施設数が68施設、総接種回数5,039回となっている。また、厚生労働省によると、当初推計した接種対象の医療従事者は約370万人。しかし、各医療機関の報告を積み上げた現在の推計は、医療機関で働く委託業者や事務員らが新たに加わって、約500万人まで膨らむ可能性がでてきた。ワクチン確保の明確な見通しが立たず、優先接種の対象者が増える状況で、高齢者の接種計画への影響が懸念されている。
■副反応で死亡のケースでは…田村憲久厚生労働大臣は、新型コロナウイルスのワクチン接種により副反応などで死亡した場合、国の「予防接種健康被害救済制度」で一時金4420万円が支払われることを明らかにしている。また、常に介護が必要となるような1級の障害が生じた場合は、18歳以上は本人に対して障害年金505万6800円(年額)を支給。入院せずに在宅の場合は、年額84万4300円の介護加算がされるという。

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする