柴田阿弥、橋本聖子新会長就任の”透明性”批判をバッサリ 「言いがかりじゃないですか」

元SKE48で現在は『セント・フォース』所属のフリーアナウンサー兼タレント・柴田阿弥が、18日に生配信された『報道リアリティーショー#アベプラ』(ABEMA)にレギュラー出演。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会新会長の決定プロセスをめぐる「透明性」との批判に異論を述べた。
■「密室人事」との批判が噴出女性差別発言による森喜朗前会長の辞任を受け、後任選びが難航していた同ポスト。しかし同日午後、橋本聖子参議院議員が正式に新会長に就任することが決まった。一応は着地点を見せたこの問題だが、選考過程や委員会メンバーは非公開と閉鎖性が強かったため、国民からは「透明性」が不十分だとの批判が噴出。番組でもこの点は議論の的となり、出演者が持論を述べていく。
関連記事:橋本五輪相、森氏の後任最有力もネットからは猛烈な批判 「シャレにならん」■マスコミ批判も展開コメントを求められた柴田は「んーっと…」と言葉を選びながらも、「透明性については、そもそも透明に物事が決まることのほうが少ないような気がしてて。それが良いか悪いかは別にして」と涼しい顔でバッサリ。「きっと、名前が上がったり…今回の件で言うと、森さんの後任っていうだけでお家にマスコミが駆け付けたり、我先にと重箱の隅をつつくように動き出しますよね」と、同業者に対する批判も展開していく。■「言いがかり」とのコメントに同意その後も、「てなると、当人も良くないかなって、それを避ける狙いもあったのかなと思います」と、非公開のプロセスにも理解を示していく柴田。さらには、コメント欄の意見に同意する形で、「元々、透明だったわけじゃないのに、言いがかりじゃないですか『不透明だ』ってのは」と、世間の批判を淡々と切り捨てた。
■進行役の平石アナは…これを受け、進行役の平石直之アナウンサーは、「今まで気にしてなかったですしね、どうやって(会長が)決まってるのかって」「決まった後聞かされて『そうなんですか』みたいな」とコメント。柴田の見解に一部賛同しながらも、「今回は、こういう経緯の中での選考というところもありますけれどもね…」と密室人事に対する批判にも理解を示している。 (文/しらべぇ編集部・玉山諒太)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする