ニトリ、ビジネス向けショールームを単独出店 VRやARを活用

ニトリは2月19日、「NITORI BUSINESS グランフロント大阪ショールーム」を、大阪・梅田の複合施設グランフロント大阪ナレッジキャピタル(大阪市)にオープンした。同社初となる単独出店BtoBショールームで、法人客との接点拡大を図る。

このビジネス向けショールームでは「体験価値+コーディネート+コミュニケーション」をコンセプトに、同社の法人向け商品を使ったワークスタイルを提案する。また、新しい取り組みとして、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)といった先端技術を活用したショールーム体験を提供するという。

オフィスのほか、飲食店や医療・福祉施設、宿泊施設などに対応した提案も行う。さらに、法人向けのオリジナル商品の開発などにも対応するほか、一般客向けにリフォーム空間の展示も行うとしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする