資生堂「アネッサ」新ミューズに池田エライザ、水川あさみ、トラウデン直美

資生堂は2月21日、日焼け止めブランド「アネッサ」からデリケート肌用UV「パーフェクトUV マイルドミルク N」などを発売する。発売を前に「アネッサ新ミューズ就任発表会」がオンライン開催された。

発表会には新たにアネッサのミューズに就任する池田エライザさん、水川あさみさん、トラウデン直美さんが迎えられ、日常のUVケアなどについてトークを展開。

池田さんは「アネッサは軽くて持ち運びやすく、 ふとしたときにさらっと塗れる相棒のような感覚。 みなさんも気軽にアネッサを手にとってみてください」、水川さんは「女の子といえば夏はアネッサ。バッグの中、スキンケア用品の横などでどこでもお守りのようにしてもらえるとうれしいです」、トラウデンさんは「太陽に当たるとすごく元気になれると思います。 アネッサをつけていると不安なく太陽の下に行けるようになるので、みなさんもぜひアネッサを使って元気になってほしいです」と挨拶した。

汗・水・熱でUVブロック膜が強くなる日焼け止め
アネッサブランドに新たに登場するのは、日焼け止め用乳液「アネッサ パーフェクトUV マイルドミルク N」(60mL3,300円/顔・からだ用/SPF50+・PA++++)、日焼け止め用ジェル「モイスチャーUV マイルドジェル N」(90g/2,640円/顔・からだ用/SPF35・PA+++)、UVカット・化粧下地・ファンデーション「アネッサ オールインワン ビューティーパクト」(10g/2色/各3,300円/顔用SPF50+・PA+++)の3アイテム。

ミルクとジェルは、汗・水にふれるとUVブロック膜が強くなりこすれにも強い「アクアブースター EX技術」に加え、太陽などの熱でUVブロック膜が強くなる「サーモブースター技術」を搭載。敏感肌の大人や赤ちゃん(新生児を除く)など幅広い肌に使える低刺激設計。環境ダメージブロック処方で、紫外線や空気中の微粒子汚れから肌を守る。ミルクはシルクのようにさらさら、ジェルはしっとりみずみずしい使い心地。

ビューティーパクトは、「やや明るめのオークル」「中間的な明るさのオークル」の2色展開。UVケア・化粧下地・ファンデーションまで、ひと塗でつや美肌のベースメイクが完了するオールインワンUV。汗や水にふれるとUVブロック膜が強くなり、つけたてのキレイが続く「アクアブースタービューティー技術」を搭載している。

※ノープリントプライスで、価格は編集部調べ(税込)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする