東北 土日は3月から4月並みの暖かさ 雪崩や落雪に要注意!

東北 土日は3月から4月並みの暖かさ 雪崩や落雪に要注意!の画像はこちら >>
土日は気温が上がり、3月から4月並みの暖かさとなるでしょう。ただ、積雪の多い地域では雪解けが進みそうです。雪崩や屋根からの落雪に十分注意して下さい。
20日(土) 日本海側中心に大気の状態不安定 急な強い雨や落雷などに注意!

20日(土)は寒冷前線が東北地方を通過するでしょう。南からは暖かく湿った空気が流れ込むため、日本海側を中心に大気の状態が不安定となりそうです。東北北部では朝から次第に雨が降りだすでしょう。日中は広い範囲で雨が降り、雷を伴って雨脚の強まる所もありそうです。また、今月13日(土)の地震で震度6以上を観測した福島県や宮城県でも、変わりやすい天気です。午後は内陸部や山沿いを中心に、一時的に雨の降る所があるでしょう。空模様の変化に注意して下さい。最高気温はきょう(金)より大幅に高くなる所が多いでしょう。北部では8度前後、南部では15℃近くまで上がり、3月から4月並みの暖かさとなりそうです。
21日(日) 太平洋側では日差し届く 南部は4月上旬並みの暖かさ

21日(日)は寒冷前線が東海上へと離れますが、日本海からは別の前線が延びてくる予想です。日本海側では雲が多く、秋田県を中心に弱い雪や雨の降る所があるでしょう。太平洋側は雲が広がりやすいものの、福島県を中心に日中は日差しの届く時間が長くなりそうです。なお、前線の位置によっては雪や雨の降る範囲が、きょうの予想よりも広がる可能性がありますので、最新の予報を確認するようにして下さい。最高気温は前線の北側と南側で変わりそうです。青森県では前線の北側に位置する予想のため、気温の上がり方はほかの地域よりも鈍く、平年並みくらいの気温となるでしょう。一方、秋田県や岩手県よりも南の地域では前線の南側に位置し、暖かい空気が流れ込みやすいため、平年を上回る所が多くなりそうです。特に宮城県や福島県では4月上旬並みの暖かさとなるなど、桜が咲く頃の気温となるでしょう。
積雪の多い地域では雪崩や落雪に要注意!

この土日は気温が上がり、雪ではなく雨で降る所が多いことから、積雪の多い地域では雪解けが一気に進むでしょう。雪崩や屋根からの落雪による事故の危険性がいつもよりも増して高くなりそうです。除雪作業をする際は、周りの状況をよく確認してから行うようにしましょう。また、雪下ろしの際はヘルメットや命綱を忘れずに、必ず二人以上で行うなど対策をして作業をするようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする