ネットで物議呼んだ居酒屋の「感染症対策料」徴収問題、急遽19日で終了へ

モンテローザが運営する居酒屋「目利きの銀次」「横濱魚萬」「濱焼北海道魚萬」の3ブランド約200店舗で5日から導入していた「感染症対策料」の徴収が、しらべぇの独自取材で19日をもって終了することがわかった。
画像をもっと見る■ツイッターでの報告が契機に

一連の状況をまず振り返る。今月中旬、「なにこの感染症対策料?!」という驚きの言葉とともに、会計後のレシート画像がツイッター上に投稿された。そこには「お通し料金」などとは別に「感染症対策料 2個60円」(1人30円)なる追加料金が記載されており、投稿者は「誰からも言われてないしメニューにもないしホームページにもない」と憤りを見せていた。モンテローザグループHP、「目利きの銀次」HPなどに「感染症対策料」関連の表記はこの時点でない。実際に店舗に行ってみると、入口付近にPOPで「感染症対策特別料金について」という注意文があり、詳細について「衛生消耗品購入等の感染症対策費としておひとり様30円(税込)徴収させていただきます。※20歳未満、サービスメニューおよびお食事のみご利用のお客様は対象外」との記載はあったが、店頭でこれを見落としてしまうと料金徴収については認識できない形だった。
関連記事:小林麻耶が感激したカフェ店員の対応 「ストローの先に袋が…」■ネットでは賛否

POPの内容を要約すると「酒を伴う居酒屋利用の場合」が対象になるようだが、テーブルに着いてからの説明などは一切なく、やや不親切にも感じる。この投稿を契機に、ネット上では様々な議論が飛び交う状況になっており、「おかしいだろ」「居酒屋に行くと感染症対策料を取られるのか」「徴収していいの?」「これはどうなんですかね」という否定的な声が上がる一方、「仕方ないと思うけど」「30円くらいいいだろ」「まぁ気持ちはわかる」と容認する声も多くあり、まさに賛否両論を呼んでいる状態だ。

■運営会社の説明は?18日、運営会社のモンテローザに取材を行った。今回の料金導入については、「コロナ禍において、当社店舗ではお客様に安心してご利用いただくため、アルコール消毒をはじめ様々な感染対策を講じています。このような対策にかかる衛生消耗品費について、当社の一部ブランドで、試験的に『感染対策料』を導入し、お客様に一部ご負担(お一人様30円)をお願いすることにしました」との回答があり、試験的に導入したものであると明かした。
■ネット上での賛否については…各店舗では、感染防止のためアルコール消毒液の設置、都度清掃・消毒を行うなど客席の衛生管理、店内換気強化、トイレのペーパータオルの設置などを徹底している。 同時に平時と比べ、それらの経費やスタッフの作業が増えていることは想像に難くない。しかし、その費用についてしっかり説明し、客から理解を得る形もできたはずである。ネット上での賛否については、「貴重なご意見として、今後の対応の参考にしたいと考えています」とコメント。徴収期間については「明確な終了時期はありません。今後は、政府の緊急事態宣言や各自治体の営業時間短縮要請の期間など、感染症予防対策の状況を総合的に勘案して終了時期を見極めたいと考えています」と説明があった。
■「本日付で徴収の中止」そして本日19日、しらべぇ編集部に連絡があり「『感染対策料』については、お客様からも一定のご理解はいただきましたが、その後弊社内で総合的に検討の結果、本日(2/19)付で「感染対策料」徴収の中止を決定しました」とのこと。波紋を呼んだ「感染症対策料」騒動は一旦終焉を迎えることになった。 (取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする