小池都知事、離党意向の橋本新会長「政治的中立は大切。分かりやすい形を」

東京都の小池百合子知事(68)は12日、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の新会長に就任した橋本聖子氏について、離党や議員辞職を求める声が一部で上がっていることを受け「五輪憲章に政治的中立性というものがうたわれている。私はこれは大切にすべきところだと思っている」と述べた。
小池氏は「議員を続けられるというご判断をしておられるようですが、これから参議院の本会議開かれ、北海道連会長も続けられるとなると色々な政治的判断もされると思う」との見方を示し、「国民に納得できる説明も求められるのではないか」との述べた。
続けて記者から、橋本氏の離党や議員辞職が必要と考えるか問われ「まぁ分かりやすい形が望ましいのではないでしょうか」と語った。
橋本氏は19日時点で「離党せず、北海道連の会長も継続する」との意向を示していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする