新宿のカフェで”スムージー飲み放題”のテレワークプラン開始 働きながら野菜不足を解消できる!?

新型コロナウイルス感染拡大で、テレワーク導入企業の増加に伴い、テレワークスペースを提供する飲食店も増えている。
テレワーク・テクノロジーズが運営するテレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」は2月19日、電源・Wi-Fi付きテレワークスペースを利用できる「昼スムージーテレワーク」プランの提供を開始した。実施店は「coffee mafia西新宿」(東京都新宿区)。一人1時間1200円(税込)で、スムージー飲み放題が付いてくる。キャリコネニュース編集部も実際に利用してみた。
■通常は一杯680円のスムージーが飲み放題

事前にLINEでテレスペを登録。店舗に訪れると、テレスペを利用したい旨を伝え、LINE上のメニュー画面からチェックインをタップする。難しい操作はないのですぐに完了した。

スムージーは3種類から選べる。牛乳ベースで、バナナ・林檎・ジンジャーの「Power」、ほうれん草・小松菜・林檎の「Healthy」、ストロベリー・ミックスベリー・ビーツの入った「Beauty」がある。また甘さは「少なめ」「ふつう」「多め」から選択できる。

スムージーは通常680円だが、飲み放題はうれしい。「Power」はミックスジュースのような味わいだが、ジンジャー入りでキリッとしている。「Healthy」はほのかに甘く、日頃の野菜不足や不摂生に”効く”ように感じた。
新宿のカフェで”スムージー飲み放題”のテレワークプラン開始…の画像はこちら >>
スムージー飲み放題のほか、バターコーヒーやカフェラテを含む「クラフトティー&コーヒー飲み放題プラン」(1時間1500円)、クラフトビールを含む「全商品飲み放題」(1時間2500円)などもある。また、飲み放題なしのプランも1時間200円で提供している。
利用可能時間は、平日8~18時、土日祝10~18時。予約は不可だが、LINEで残席数の確認ができる。利用代金を月まとめの請求書で支払える法人プランも提供している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする