大学生と高校生を育てる年収500万円世帯「収入のほとんど学費に費やしている」

全国の平均所得金額は552万円(2019年厚生労働省調査)。平均所得の前後にあたる世帯年収400~600万円の人たちは、どのような生活を送っているのだろうか。キャリコネニュースに寄せられた読者の声を紹介する。(文:コティマム)
「平均的な生活はできているが、貯金がなかなかできない」
香川県の50代男性(流通・小売系/正社員)は世帯年収550万円で、夫婦と子ども2人の4人家族だ。
「旅行は何年も行っていない。『Go Toトラベル』なんかは、ある程度生活に余裕のある人にしかメリットがない」
「旅行は何年も行っていない。『Go Toトラベル』なんかは、ある程度生活に余裕のある人にしかメリットがない」
また同じく子どもが2人いる高知県の40代男性(流通・小売系/正社員/年収600万円)は、「平均的な生活はできているが、貯金がなかなかできない」と語る。
三重県の30代男性(その他/正社員)は世帯年収500万円で子どもが1人。「子ども1人を養いつつ、自分たちの老後の事も考えなければならない」と不安な心境を明かした。
埼玉県に住む50代女性(世帯年収500万円)の子どもは、大学生が2人と高校生が1人。自身もパートに出て家計を支えるが、
「ほとんど学費に費やしています。奨学金は借りすぎると返済が大変なので、家計費からも一部負担。大学生のうち1人は大学の寮にいるので、そちらの費用も大変です」
「ほとんど学費に費やしています。奨学金は借りすぎると返済が大変なので、家計費からも一部負担。大学生のうち1人は大学の寮にいるので、そちらの費用も大変です」
と家計状況を打ち明ける。
平均以上の世帯収入でも、子どもの養育費の捻出は大変だ。特に子どもが大学や高校へ進学すると、授業料以外にもさまざまな費用が発生する。年収400~600万円の子持ち世帯は、生活が苦しいわけではなくとも贅沢や貯金ができるほど「余裕がある」とは言えないようだ。

年収550万円の未婚50代男性「赤札品ばかり購入。結婚どころではない」
キャリコネニュースには年収400~600万円の未婚者からの声も寄せられている。愛知県の50代男性(その他/正社員)は年収550万円。未婚者は子育て世帯より生活にゆとりがあると思われがちだが、
「ただいま残業がないために、通勤以外は自転車を活用。買い物では赤札品ばかり購入。予定のない日は自転車で走り回り、暇つぶし。これでは結婚どころではない」
「ただいま残業がないために、通勤以外は自転車を活用。買い物では赤札品ばかり購入。予定のない日は自転車で走り回り、暇つぶし。これでは結婚どころではない」
と嘆く。
また千葉県の30代女性(IT・通信系/正社員/年収500万円)からは「10年前に比べ所得は増えたが、控除が多すぎ!税金が高いので思ったほど余裕はない」と不満が上がっている。
※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「男だから」「女だから」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを実施しています。
—–
【あわせて読みたい】世帯年収400~600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする