ハワイへの旅行者を逮捕、検疫避けようと検査官に賄賂

米ルイジアナ州からハワイへ渡航した旅行者2人が、検疫の担当者に賄賂を渡そうとして逮捕されたとハワイ当局が発表した。
空港に到着したジョントレル・ホワイト(28)は、検査官に「隔離を見逃してくれたら2,000ドル(約21万円)渡す」とオファー。同行のナディア・ベイリー(28)も、「2人揃って免除してくれるなら1,000ドル上乗せする」と持ちかけたという。
現在、ハワイへの旅行者は到着後10日間の自主隔離が義務づけられており、これを回避するには到着する72時間以内にPCR検査の陰性証明を提出する必要がある。2人は有効な検査を受けていなかった。
検査官は保安官事務所へ通報し、2人は贈収賄容疑で逮捕された。既に本国へ送還されたという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする