男性教授を懲戒解雇=学生に虚偽説明など―横浜国大

横浜国立大(横浜市)は19日、恣意的な成績評価や学生への虚偽説明をしたなどとして、同大国際戦略推進機構の50代男性教授を同日付で懲戒解雇したと発表した。教授は不正行為を認め、「非常に忙しかった」と話しているという。
同大によると、教授は留学生を対象に全て英語で授業するプログラムを担当。一部の学生に、履修に関して虚偽の説明をしたり、単位と引き換えに授業外のワークショップに強制的に参加させたりした。また、2020年度のプログラムの入試で評点を改ざんした。大学は合否を再判定し、4人を追加合格とした。
20年2月以降、複数の学生から授業運営や成績評価に関する苦情の申し立てがあり、学内で調査していた。一連の問題を受け、学長を含む常勤役員全員は報酬の一部を自主返納した。同大は「教職員全体の服務規律の徹底に努める」としている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする