講師が児童踏み付け=頭蓋骨骨折の大けが―長野

長野県軽井沢町教育委員会は19日、町立小学校の男性講師(42)が男子児童に体罰を加え、頭蓋骨骨折などの大けがをさせたと発表した。講師は年度内に処分される見通し。
町教委によると、2020年11月13日、講師が低学年の児童と校庭でサッカーをしていると、別の男子児童が割り込んで蹴ったボールが他の児童に当たった。男子児童が謝罪せず抵抗したため、講師は児童をあおむけに倒し、胸元付近を足で踏み付けた。
この際、児童は鉄製の側溝のふたで頭を強く打ち、緊急手術をした。頭蓋骨を骨折しており、10日ほど入院。現在は登校している。講師は「かっとなってやってしまった。大変申し訳ないことをした」と話し、反省しているという。
記者会見した荻原確也教育長は「被害児童と保護者に心よりおわびする。引き続き児童の心身のケアに努める」と述べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする