「年収1000万円は税制上、狙い撃ちされている収入帯」と語る40代男性

厚生労働省調査によると、2019年度の全世帯平均の所得金額は552万円。世帯年収800万円~1000万円になると、一般的に高収入世帯だと思われている。しかし、児童手当や高校無償化、医療費助成など、行政支援の所得制限に引っかかってしまう世帯でもある。
世帯年収800~1000万円の人々は、年収と生活についてどのように感じているのだろうか。(文:コティマム)
■「我慢することもなく普通の生活。家計簿つけて切り詰める生活はしたくない」
年収800万円~1000万円となると、生活には事足りている世帯が多い。生活を切り詰める必要もなく、趣味を楽しめる余裕もあるようだ。
「特に贅沢はしていないが、趣味にもお金は使えている。大きく満足ではないが、とりわけ不満とも思っていない」(千葉県/40代前半/女性/既婚/IT・通信系/正社員/年収850万円)
「特に贅沢はしていないが、趣味にもお金は使えている。大きく満足ではないが、とりわけ不満とも思っていない」(千葉県/40代前半/女性/既婚/IT・通信系/正社員/年収850万円)
「うちは夫婦ふたり。持ち家でローンなども無い。贅沢はできませんが、我慢することもなく普通に暮らしてます。生活に満足はしてませんが、家計簿つけて切り詰める生活はしたくないです」(神奈川県/40代前半/女性/既婚/その他/個人事業主/年収1000万円)
「うちは夫婦ふたり。持ち家でローンなども無い。贅沢はできませんが、我慢することもなく普通に暮らしてます。生活に満足はしてませんが、家計簿つけて切り詰める生活はしたくないです」(神奈川県/40代前半/女性/既婚/その他/個人事業主/年収1000万円)
千葉県の40代男性(メーカー系/正社員)は世帯年収1000万円。小学6年生と4年生の2人の子もちだ。「妻、子ども2人の4人家族。自身は単身赴任中だが、会社の補助もあり家計へのダメージはほぼない状態」とゆとりを感じている。

しかし、「税制上狙い撃ちされている収入世帯なので、納税額が多いわりに、国や市町村の補助が受けにくいことには不満」と明かす。
■「子どもの将来の夢が薬剤師なので、学費がかかることを考えると贅沢できません」
高い税金や所得制限に納得がいかない人々は多い。高収入でも教育費や老後の心配はつきないからだ。
「微妙な年収のため子どもの学費無償化が受けられなかったりして、生活が苦しいです」(京都府/40代前半/男性/既婚子ども2人/メーカー系/正社員/年収950万円)
「微妙な年収のため子どもの学費無償化が受けられなかったりして、生活が苦しいです」(京都府/40代前半/男性/既婚子ども2人/メーカー系/正社員/年収950万円)
「高校実質無償化といいながら所得制限が用意されていて、無償にならない」(愛知県/40代後半/男性/既婚子ども2人/メーカー系/正社員/年収1000万円)
「高校実質無償化といいながら所得制限が用意されていて、無償にならない」(愛知県/40代後半/男性/既婚子ども2人/メーカー系/正社員/年収1000万円)
静岡県の40代男性(メーカー系/正社員)は世帯年収950万円。小学生の子どもが1人いる。駅近の賃貸物件に住み、中古車1台所有している。子どもを中学からは私立に進学させたいため、「今が貯め時」と綴る。
「子どもの将来の夢が薬剤師なので、学費がかかることを考えると贅沢できません。近い将来、親の介護も視野に入ってくる。コロナの影響でリストラされる年齢にもなってきたため、楽観視できない」
「子どもの将来の夢が薬剤師なので、学費がかかることを考えると贅沢できません。近い将来、親の介護も視野に入ってくる。コロナの影響でリストラされる年齢にもなってきたため、楽観視できない」
今後かかる子どもの教育費だけでなく、介護や自身の仕事などさまざまなお金の不安を抱えている男性。
「国や自治体から支援や援助もないため、平均世帯年収の方が良い生活を送っていると思う」と複雑な思いを吐露している。
「国や自治体から支援や援助もないため、平均世帯年収の方が良い生活を送っていると思う」と複雑な思いを吐露している。
※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」などのアンケートへのご回答や【アマギフ1000円プレゼント】読者エッセイを募集しています。
—–
【あわせて読みたい】世帯年収400~600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする